MENU

現地解体のデメリット

現地解体作業準備

焼却施設を覆う建屋を作る
足場を立てて密閉養生しなければならない
解体する上での必要な機器の設置
シールド内負圧にするために容積にあった大型集塵機を設置
セキュリティエリアとしてクリーンルームなどを設置しなければならない
休憩室を設けなければならない

焼却炉解体作業

現地解体作業
高圧洗浄による焼却炉及び設備等を丁寧に洗浄
(洗浄水の漏洩防止処置として土であれば土間をつくるなど水の流れを作る)

(作業中は作業環境測定することが義務づけされています。測定費用は実費かかります)

現地解体作業後 

洗浄水

高圧洗浄して貯蔵されたその洗浄水を分析して、基準値内であれば処分します。(一ヶ月位かかる。そのために洗浄水は移動できず工事は完了できない。分析の結果、特別管理産業廃棄物となるケースもあり処分費が高くなることもある)

解体後の廃棄物

 廃棄物処理場へ運搬(自社運搬または許可のある運搬業者に依頼)

焼却炉現地解体のデメリットのまとめ

工期が大変長い
事前準備に多くの時間と経費がかかる
先浄水の貯留に準備がかかる場合と洗浄水の分析に時間がかかる
小型の焼却炉でも現地解体は1週間程かかる

現地解体では上記のようなデメリットがあるため、手間とコストを考えた場合、焼却炉は移設解体することをおすすめします!


メニュー

個人情報保護方針

焼却炉解体.comは、個人情報を正確かつ安全に取り扱い保護することを社会的責務と考えています。


© 2019 焼却炉解体.com All rights reserved.